初心者から上級者まで!誰にでもおすすめできる多摩エリアのゴルフスクールを紹介 » ゴルフが上手になるための練習法とは? » パッティングを安定させる

パッティングを安定させる

プロの間では「パット・イズ・マネー」と言われるほど、重要視されるパター。パッティングの安定が、スコアを左右します。ここではパッティング時の心構えや、上達させる練習方法についてまとめてみました。

パターにおけるポイント

傾斜をチェックする

パッティングを成功させるためには、まずグリーン全体の傾斜を把握しましょう。グリーンに近寄り過ぎてしまうと全体の傾斜が見えづらくなるので、少し離れた位置から全体像を把握することが大切です。

傾斜をチェックする際は、できるだけグリーンと目線を平行にするよう低い地点からラインを読むことを心がけてください。

1パットでの
カップインを狙わない

距離に関わらず、プロでも失敗するのがパターです。プロゴルファーでない人が、失敗するのは当然のこと。では、大きくスコアを落とさないためにどんな心構えが必要なのでしょうか。

答えは単純、欲張らないことです。特に5yd以上離れている場合は、2パットで確実にカップインできるようなパッティングをするだけでも、上達は近づきますよ。

パターを上達させる練習方法

カップを見ながらパットをする

構えたらボールを見るのではなく、カップを見ます。カップを見ながら繰り返しパッティング練習をすることで、パターにおいて最も重要な距離感を身につけることができます。

目を閉じてパットをする

カップではなく、目印となる物を置いて行なう練習方法です。目を閉じて球を打ち、感覚でショートしたか、オーバーしたかを判断。

実際の球を見て、正解かどうかチェックしてください。視覚に頼らないことで、体で距離感を覚えられます。

距離を打ち分ける

パッティングは距離感が必要となります。毎回同じ距離を打つのではなく、半分の距離や2倍の距離と打ち分けて、感覚の違いを覚えましょう。短いパッティングから始めてから、徐々に距離を伸ばしていくのがおすすめ。

更なる
スコアアップを目指すなら

パッティングは人によって癖が異なります。ゴルフスクールなら、パッティングの癖を客観的に指摘してもらえるので細かな修正が可能です。スコアを大きく左右するパッティングだからこそ、プロの指導者から直接アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

あなたの楽しいゴルフライフを
充実させてくれる
ゴルフスクールを比較!

   

ヨコヤマ・ゴルフ
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

エイミンゴルフ
アカデミーの
体験レッスン
詳細はこちら

ゴルフパートナー
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

   イメージ

多摩市南野に住むゴルフ経験者が、「ゴルフを始めたい」という妻と共に通えるゴルフスクールを探した結果をまとめました。スクールの特徴や所属するティーチングプロの実績などで比較・紹介しています。また、妻と行った体験レッスンの模様もレポートしています。