初心者から上級者まで!誰にでもおすすめできる多摩エリアのゴルフスクールを紹介 » ゴルフが上手になるための練習法とは? » スイングを固める

スイングを固める

ゴルフをプレーするうえで欠かせないのが、スイングの基本を身につけることです。ゴルフを上達させるために必要なスイングの基本についてまとめてみました。

ゴルフを上達させる
スイングの基本とは?

前傾角度を保つ

股関節から上半身を曲げた際にできる角度を前傾角度と言います。前傾角度が変わってしまうと、ボールの手前を打つダブりやボールの上部を打つトップが起きてしまうのです。

前傾角度をキープするには、背骨に一本の棒が入っているように意識し、背骨を軸として回転してスイングすることが重要となります。

腕の正しい位置を把握する

手の位置は近すぎても、離れすぎてもNGです。上体を前傾させ腕を垂らした位置が、適切な位置となります。腕を垂らし、両ひじを内側に絞った形が理想的です。

体の軸を保つ

スイングはアドレスからクラブのフェース面がボールに当たる瞬間のインパクト、球を打った後のフォロースルーにかけて軸がぶれないことが大切です。

ブレ幅が大きければ大きいほど、球をミートできなくなります。頭の位置を動かさないことで、自然と軸をつくることが可能です。

スイングを加速させる

飛距離を出すためには、スイングの加速が重要です。インパクトゾーンにかけてヘッドを加速するように意識しましょう。ボールをしっかり押しだすことができれば、飛距離は伸びます。

スイングの練習方法

タオル素振り

体をしなやかに使ったスイングが身に付く練習法です。少し長めのタオルを用意し、先端を丸めて重りのようにします。

重りの反対側を握り、行ったり来たりと繰り返すのが特徴です。背中に重りが当たったのを合図に、反対側に振り出していくようにしましょう。

ハーフスイング

良いショットを打つためには、ヘッドの軌道を安定させる必要があります。安定させるためには膝から膝、腰から腰とふり幅を徐々に大きくして、芯に当たる感覚やふり幅を調整する感覚を身につけることが大事です。

そのほかにも、連続素振りや太極拳素振りなどの練習方法もあります。ただしどの練習方法もひとりで行なうため、実際に上達しているのか判断するのは困難です。

より上達するためには

ゴルフスクールに通えば客観的にスイングを見てもらえるうえ、効率的な練習ができるのでレベルアップが期待できます。

絶対に上達したい方や、今以上にスコアアップしたいと考えている方はレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

あなたの楽しいゴルフライフを
充実させてくれる
ゴルフスクールを比較!

   

ヨコヤマ・ゴルフ
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

エイミンゴルフ
アカデミーの
体験レッスン
詳細はこちら

ゴルフパートナー
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

   イメージ

多摩市南野に住むゴルフ経験者が、「ゴルフを始めたい」という妻と共に通えるゴルフスクールを探した結果をまとめました。スクールの特徴や所属するティーチングプロの実績などで比較・紹介しています。また、妻と行った体験レッスンの模様もレポートしています。