初心者から上級者まで!誰にでもおすすめできる多摩エリアのゴルフスクールを紹介 » ゴルフが上手になるための練習法とは? » 自分に合ったゴルフクラブを使う

自分に合ったゴルフクラブを使う

ゴルフクラブは種類がとても豊富で、特に初心者は何を購入するべきかで悩む方は多いはずです。ここでは自分に合ったゴルフクラブを選ぶ重要性や、代表的なクラブを紹介します。

初心者ほど
ゴルフクラブ選びは重要

ゴルフクラブを選ぶ基準は、デザインが気に入った・好きな選手が使っているからなどさまざま。ですが、スコアアップを目指すためには、地道な練習の他に実力や癖に合ったゴルフクラブを見つけることが大切です。

どんな基準で選んだにしても、ゴルフクラブの棒の部分にあたる「シャフト」が大切です。シャフトを選ぶ際は、素材と硬さがポイントとなります。

素材

シャフトの素材は、カーポン製とスチール製の2種類があります。カーボン製のシャフトはほとんどが樹脂と炭素繊維などで作られており、軽量なので非力な方でも球を上げやすいのが特徴です。

スチール製は文字通り、スチール素材を使用したシャフトのことを言います。カーボンシャフトと比べて重く、しなりが控えめというのが特徴です。最近はさまざまなメーカーから軽量スチールシャフトのクラブが登場しています。

硬さ

シャフトの硬さは柔らかい順に、「L→A→R→SR→S→X」となっています。男性であればR~Sの間、女性はLかAを選ぶのが標準的です。

初心者におすすめの
代表的なゴルフクラブ

ドライバー・フェアウェイウッド

最も飛距離を稼げるドライバーやフェアウェイウッドは、ゴルフ初心者には扱いにくいクラブです。最初のうちは中々綺麗にボールが飛んでくれません。

ですので、ヘッドが大きく、当てやすいクラブが良いでしょう。男性なら「PING(ピン)」、女性は「VG3」がおすすめです。

アイアン

ドライバーやウッドよりも短めで、狙った場所にボールを飛ばす役割を果たすアイアンも、ヘッドの大きなものがおすすめです。

男性はダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」やキャロウェイの「XR(エックスアール)」、女性はヨネックスの「フィオーレ」が打ちやすいでしょう。

パター

グリーン上でカップを狙うためのパターは、32~33インチのシャフトのものが初心者向けです。特にブランドやメーカーにこだわる必要はなく、自分の感覚に合う振りやすいパターを選ぶようにしましょう。

ここで紹介したクラブは、いずれもごく一般的に「初心者向け」と呼ばれるもの。ですが、体格や運動経験の有無によって、それぞれにおすすめのゴルフクラブは変わってきます。

多くのゴルフスクールにはゴルフショップが併設されていることが多いので、自分にマッチするクラブを知りたい場合は、ゴルフスクールのティーチングプロやスタッフに聞いてみるのも良いでしょう。

あなたの楽しいゴルフライフを
充実させてくれる
ゴルフスクールを比較!

   

ヨコヤマ・ゴルフ
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

エイミンゴルフ
アカデミーの
体験レッスン
詳細はこちら

ゴルフパートナー
スクールの
体験レッスン
詳細はこちら

   イメージ

多摩市南野に住むゴルフ経験者が、「ゴルフを始めたい」という妻と共に通えるゴルフスクールを探した結果をまとめました。スクールの特徴や所属するティーチングプロの実績などで比較・紹介しています。また、妻と行った体験レッスンの模様もレポートしています。